フィルターを使ってみましょう


画面に様々な効果をつけて遊んでみましょう

イルミネーションを撮影していると、人とは違った写真や、
ちょっと凝った写真を撮ってみたくなりますよね。
クロスフィルター(画面の点光源が星型に輝く効果。広告でよく見かけますね)を使うのも
楽しいですけど、特別な道具がなくてもフィルターのような効果が
選られる方法を紹介します。


1.フォギー効果その1・・・霧の中にいるような効果です。

レンズに軽く息を吹きかけます。するとレンズが曇るので、
頃合いを見てシャッターをきります。
深くかけたり浅くかけたり、霧のような効果を楽しんで下さい。
この場合は、ファインダーで画面を確認できる、一眼レフカメラの方がおすすめです。


2.クロス効果・・・点光源を星のように光らせる効果です。

薄くて透明なセルロイドなどの板を用意します。
コンビニのお弁当やお惣菜のふたなどを利用すると良いですね。
そのふたに、針などの先の尖ったもので碁盤のマスのような線を書いていきます。
それをレンズにあてて撮影します。
角度を変えたり、線を増やしたりして楽しんで下さい。


3.フォギー効果その2・・・先ほどのより滲み効果が大きくなります。

サランラップなどでレンズにふたをして、その上からリップクリームを塗ります。
レンズに直接塗ってしまわないように気をつけて下さい。
また、点状に細かく塗っていくと印象派の絵の様な効果が得られます。

1でも2でも、画面の一部分だけに使用しても面白い効果が得られます。
人物の周りをわざと滲ませて撮るなんてのも良いかも。


BLUE ROOMメニューへ ホームへ



(C)2000-2002 Christmas Tail 〜クリスマスのしっぽ〜