イルミネーションをバックに記念写真


イルミネーションも人物もきれいに撮るには

最近のカメラでしたら、夜景の撮影も簡単にできますので、
ここでは人物の背景にイルミネーションを入れる時に注意する点を紹介します。

夜景をバックに撮る場合と同じですが、
街灯の明かりが人物にあたる場所は避けた方が良いです。
水銀灯などの明かりがあたっていると人物の顔が
青白い感じになってしまいます。

また、気がつかないことが多いのですが、レンズに
街灯の明かりが入ってくると
フレアーが入ったり、画面の色が青っぽくなってしまったりするので、
フードをつけるか、いわゆる「ハレきり」をして、レンズに光が
あたらないようにしましょう。

夜間撮影では露光時間が、どうしても長くなってしまうので、
わずかな明かりでも、その影響は大きいものです。

※夜景モードなどで撮影する時には、フラッシュの届く距離にも注意しましょう
一般的なコンパクトカメラで2〜3メートルといったところでしょうか。
それ以上離れると人物が暗くなってしまうので気をつけましょう。


BLUE ROOMメニューへ ホームへ



(C)2000-2002 Christmas Tail 〜クリスマスのしっぽ〜